DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
人間は常に無いものをねだって生きていくものだと思う。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:未分類
○二天の滝(秋田県)
○中の滝(秋田県)
○白滝(宮城県)
○不帰の滝(宮城県)
○蔵王不動滝(宮城県)
○幻の大滝(福島県)
○馬尾滝(福島県)
○日暮滝(福島県)
○つむじ倉滝(福島県)
○百尋の滝(東京都)
○北の俣大滝(長野県)
○醤油樽の滝(長野県)
○前川大谷本滝(長野県)
○嶽谷滝(岐阜県)
○東谷F1(岐阜県)
○夫婦滝(岐阜県)
○摺子谷左俣大滝(奈良県)
○摺子谷右俣大滝(奈良県)
○布引三段滝(三重県)
○風折滝(三重県)
○高滝(三重県)
○屏風滝(三重県)
○牛鬼滝(三重県)
○カラ滝(三重県)
○百四丈滝(石川県)
○シワガラの滝(兵庫県)
○霧ヶ滝(兵庫県)
○岩井谷大滝(兵庫県)
○久曽木の大滝(鳥取県)
○笹ヶ平の不動滝(鳥取県)
○越早滝(熊本県)
○マヤグスクの滝(沖縄県)
DATE: CATEGORY:未分類
友達の友達(または知り合いの知り合い)って結局は赤の他人で知らない人である。よく友達の友達が…っていう人いるけど、だから何なの?
DATE: CATEGORY:未分類
日本一を目指す!と口ではよく言うけど、本当に日本一を目指すなら相当な覚悟が必要だと思う。
DATE: CATEGORY:未分類
ちゃんと撮れてる写真はないかなぁ~と思っていたものの「概ねちゃんとした写真が出てきた!」しかも、いつ行っても観光客が大勢いるところなのに、しっかり朝イチで訪ねてバッチリ誰も写ってない写真を撮っていたみたい。10数年前からそんなことばかりしてたんだなオレ…。
DATE: CATEGORY:未分類
観光地化されてないところにこそ、日本の本当の原風景があるような気がする。
DATE: CATEGORY:未分類
気が向いた時にしかやらない。
DATE: CATEGORY:未分類
色んな意味で素顔は意外と地味でふつーの人ということが多い。もちろん私も地味で至ってふつーの人である。
DATE: CATEGORY:未分類
スゴい人がスゴい!この人には敵わないという人は本当にスゴい人だと思う。
DATE: CATEGORY:未分類
終わったことはすべて過去のこと。
DATE: CATEGORY:未分類
この世のものとは思えない!といっても、結局はこの世そのものなんだよな。
DATE: CATEGORY:未分類
昨日行った赤滝・黒滝裏話。赤滝・黒滝は共に100m級の滝なので、滝壺まで行けばいい滝であることは分かりきっていて必然的なことなのだが、滝業界でも超コアな一部の滝マニアしか行っていない。そもそも道がないし、遠望した時に『こんな深い谷を降りるなんてどー考えてもあり得ない』と普通は思う。当然、私には一生縁のない滝だと思っていました。

私が滝業界の若手で最も実力のある一人だと思っている子も過去最高の難所だったといい、もう二度と行きたくないと言っていた。

ところが滝チャンプの森本さんに言わせると『楽勝だよぉ~。何であんなお手軽で簡単な滝なのにみんな行かないのかねぇ』という感じらしく『じゃあ、連れてってよ』ということになった。(←ここが大きな間違いの始まり)

結果、道中は今までで一番過酷な藪こぎに次ぐ藪こぎだった。『冗談じゃないぞ!こんな厳しい体験は初めてだ!』と思ったのも後の祭り…。

それでも森本さんにとってはこんな道中は退屈で楽勝らしく『ねっ、楽勝でしょ。こんなのは藪こぎの内に入らないですよ。藪こぎというのは藪で視界がまったくないところを進むことですよ。ここは視界良好で歩きやすいですねぇ~』と終始和やかで涼しい顔をしていた。

途中『見ればわかると思いますが、こっから落ちたら死ぬと思うので、一応、気を付けて進んで下さいね♪』とかいう場所もあり…。『はあぁ~?????』

こうして森本さんに騙されて?地獄の縁に足を突っ込んだことはもう何度目だろうか…。

そんな森本さんも黒滝の上段に行くのはかなり厳しかったらしく『今、私、今日初めて本気を出してますよ』という難所があった。

森本さんが本気を出さないといけないほどの難所を私が進めるわけがなく、私はそれ以上進むことを秒速で断念。(っていうか、森本さんが本気を出すところ初めて見た!)

~まとめ~「昨日思い知ったこと」

『達人が楽勝、簡単だということを凡人が鵜呑みにするな!!!』
DATE: CATEGORY:未分類
滝にヤられている人たちが集まった時の会話

・滝に目覚めたきっかけは?
・今まで何本の滝に行った?
・今まで百選の滝を何ヵ所訪ねた?
・好みの滝は?
・今まで行った滝で良かった滝は?
・これから行きたい滝、狙っている滝は?

という会話を飽きることもなく、尽きることもなく、一日中している。滝以外のことが話題になることは皆無に等しい。スゴいよなぁ~、滝マニアって。私は何とか取り残されないよーに着いていくのだけで精一杯です(笑)
DATE: CATEGORY:未分類
春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の旅の仕方がある。
DATE: CATEGORY:未分類
生きるも地獄、死ぬも地獄とはよく言ったもので、あの世にもこの世にも逃げ道はないような気がする。
DATE: CATEGORY:未分類
死んだ時にうろたえないように、疑似体験をしてしっかり予行練習をしようと思い、この2ヶ月で天安河原、浄土ヶ浜、恐山、川原毛地獄、浄土松山等と霊場を精力的に廻っているが、どこも何かが違う…。何が違うのかと懇々と考えたところ、どこに行っても鬼や閻魔大王が出てこないからではないかとの思いに至った。
DATE: CATEGORY:未分類
反省しない、後悔しない、振り返らない、計画を立てないという人生もある。
DATE: CATEGORY:未分類
いかに多くの視点を持つかということが大事。
DATE: CATEGORY:未分類
一度気になったことは、いつまでも気にかけておくと、何年、何十年後になるかも知らないが、いつか訪ねたり、謎が判明・解明したりするかも知れない。逆に仕事で気になったことはさっさと忘れてしまおう。
DATE: CATEGORY:未分類
やべぇ、このままだとそー遠くない、近い将来に金が尽きてしまいそうだ。金が尽きるのと合わせて命も尽きればいいが、世の中そーはうまくいかないだろうし…。困ったな…。
DATE: CATEGORY:未分類
安易じゃなくとも、人の真似はしたくない。
DATE: CATEGORY:未分類
今を謳歌すること(それって現実逃避?)はできるが、このままでは一生涯『人生を謳歌する』ことができるとは到底思えない。きっとこのままでは『アリとキリギリス』のキリギリスになってしまう。
DATE: CATEGORY:未分類
考えたら世の中おかしなことばかりだ。
DATE: CATEGORY:未分類
人生は壮大なフィクションだと思う。
DATE: CATEGORY:未分類
そんなケチなこと言うなよ!っていうヤツは、その本人が一番ケチであることが多い。
DATE: CATEGORY:未分類
ネットの世界では無視しても無視されてもいいと思う。そんなこと気にして気を揉むならやらない方がいいと思うぜ!
DATE: CATEGORY:未分類
北の大地は旅情を誘う。温泉よく、人もよく、食べるものもみな旨い。すべての景色に哀愁が漂っているよーな気もする。
DATE: CATEGORY:未分類
自分を変えるのは大変。変わらずに生きるのも大変。結局、人生も大変。全部大変だ。
DATE: CATEGORY:未分類
山登りをすると絶景に遭遇することが多いらしい!ということでオレも山登りをするかぁ~!とちょっと思ったのだが、こんなデブの山ヤというのは見たことも聞いたこともないので、おそらくキャラ設定と目指すべきところが激しく間違っているのではないかと自問自答をしている。そもそも私もようなデブちんが滝の百選マスターというのからして極めていかがわしいと言わざるを得ないのではないかと昔から思っているし…。
DATE: CATEGORY:未分類
要は自分が一番コアでマニアックな存在になっちゃえばいいわけだ。

copyright © 2017 祇園精舎の鐘の声 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。