DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
あちぃ~。毎日水風呂に入りたい。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:未分類
寝るのにも体力がいる。昔は疲れたらいつまでも寝ていられたが、今は長く寝ることはできないし、長く寝たにしても疲れが取れてすっきりしているどころか、逆にダルい。
DATE: CATEGORY:未分類
安徳天皇は源平合戦の最後に壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と共に海中に没して亡くなった天皇である。しかしながら、西日本には安徳天皇が実は壇ノ浦から密かに落ち延びて生き長らえたという伝説・伝承が数多く残されていて、実際に安徳天皇陵とされるものもあちこちにある。もしも本当に安徳天皇がどこぞに落ち延びて生き長らえたというのであれば、当然その後はどうなったのか?安徳天皇の子孫は今どこで何をしているのか?という疑問が生じる。が、これら(伝説・伝承)は上手く出来ていて、どこもかしこも判で押したように安徳天皇が子を成す年齢に達する前の幼少時に亡くなったとしている。例外としてわずかに対馬(宗氏の祖となった)と硫黄島にのみ、成人して子を成して、現在まで子孫が続いているという話が伝わっているが、その二例以外には寡聞にして存じ上げない。また、あちこちに安徳天皇陵があるという矛盾については源氏方の追っ手の目をくらますためにあちこちに偽者の陵を作ったのだというまことしやかな話が伝わっていたりする。実によく出来ているものだ。
DATE: CATEGORY:未分類
感動は『するもの』で『作るもの』ではないと思う。
DATE: CATEGORY:未分類
まだ読んでいない本もたくさんあるのに本屋に行くといつも目移りしてしまう。
DATE: CATEGORY:未分類
明日は地元のお祭り。今日は学年がバラバラの幼なじみ4人で前夜祭。みんな長男坊。テーマは次男坊は総じてみんな調子がよく人に取り入るのがいかに上手いかということ。結局いつも金を払うのは長男坊。明日はジュース1本でもいいから次男坊に金を払わせようと一致団結した。
DATE: CATEGORY:未分類
興味あることを調べようとして検索した結果、自分のサイトが一番最初に出てくるのはうれしいが、逆にいえば自分のサイトが一番詳しいということでそれ以上の情報をネットから得ることができないということでもあり、うれしいような悲しいような複雑な気分である。
DATE: CATEGORY:未分類
今日も暑くなりそうだ。こう暑いと気力・体力・集中力がすぐに尽きる。もってせいぜい昼までだな…。おはよー。
DATE: CATEGORY:未分類
いい人とは『都合のいい人』『面倒を押し付けられる人』『断れない人』『自己主張ができない人』のことだと思う。
DATE: CATEGORY:未分類
床屋に行くといつも思うのだが…。人に頭を洗ってもらうと何であんなに気持ちがいいんだろう…。決して自分では再現できぬあの気持ち良さ…。
DATE: CATEGORY:未分類
何もやる気がしない時は何もしない。そんな生活がしたい。
DATE: CATEGORY:未分類
家に『いたらいたで』やらなきゃいけないことがある。ダラダラとかゴロゴロとか…。はぁ~ダメ人間だぁ~。
DATE: CATEGORY:未分類
今年はとんでもない年だ。

『今年出逢った御新規滝の感動ランキング』

①岩屋谷雄滝(落差130m)
②清五郎第二の滝(落差120m)
③澗満滝(落差107m)
④赤滝(推定落差400m)
⑤白滝(宮崎県・落差75m)
⑥山之口谷大滝(落差100m)
⑦東滝(落差100m)
⑧小金滝(落差100m)
⑨黒戸噴水滝(落差70m)
⑩篠沢大滝(落差60m)
⑪大滝不動尊雄滝(落差140m)
⑫迷滝(落差80m)
⑬清五郎第三の滝(落差60m)
⑭白滝(愛媛県・落差85m)
⑮銚子滝(60m)

~ランク外~
矢原大滝(落差100m)
白水滝(落差60m)
仙人滝(落差60m)
DATE: CATEGORY:未分類
夏は湯船じゃなくて、水風呂に入りたい。
DATE: CATEGORY:未分類
歳を重ねるにつれ、風貌が大嫌いだったオヤジに似てくる。せめて性格だけは似ないようにしないと…。
DATE: CATEGORY:未分類
家でお風呂に入る時は頭も体も一回しか洗わないのに、温浴施設に行くと2~3回ずつ洗うのはなぜだろう?
DATE: CATEGORY:未分類
女の子とロープを使って○×△□◇するというと、アブノーマルでとっても楽しい『ムフフ』なことを想像するが、滝業界でロープを使っての共同作業が必要というのは、かなり厳しい滝に行くということであり、お誘いされても腰が引ける。
DATE: CATEGORY:未分類
棚田百選の乙大木谷に行った時の話。隣接する甲大木谷や田和の集落の棚田も下手な百選より数段素晴らしい棚田だった。滝でもそー思うことが多いのだが、百選って一体何なんだろう…。
DATE: CATEGORY:未分類
今回の旅で鳥取県で平家落人伝説が残されている地を3ヶ所訪ねた。平家落人伝説はこの10年くらい密かに追い求めて全国各地を訪ね歩いているが、ようやく平家落人伝説のなんたるかがぼんやりとわかったような気がする。
DATE: CATEGORY:未分類
今日は涼しいな♪暑いのはもういいから、このまま秋にならないかな♪
DATE: CATEGORY:未分類
出雲大社から横須賀までの全長809キロの帰り道。ようやく静岡県に入ったが、ナビによると残り270キロだった。出雲大社から島根→鳥取→岡山→兵庫→大阪→京都→滋賀→三重→愛知→静岡→神奈川と11府県を通過するのに静岡→神奈川だけで3分の1も占めているのか…。前々から思っていたが、静岡県どんだけ長いんだよ。これより本日2度目のふて寝に入る。
DATE: CATEGORY:未分類
出雲大社から横須賀までは809キロだった。開門と同時に参拝(実際には20分位フライングさせてもらった)して、誰もいない遷宮後の境内の写真を撮って、そのまま真っ直ぐ帰ればいいやと思っていたが、今、ようやく滋賀県の土山パーキング。残りは408キロ。まだ半分しか進んでいない。
DATE: CATEGORY:未分類
それにしてもバケツをひっくり返したようなスゴい雨だ。この先にお墓がなければ絶対に車から降りたくないほどだ…。
DATE: CATEGORY:未分類
問題は明日。つく米の棚田を訪ねた後をどーするか?①平家落人伝説を追う②出雲大社に行く③摂津・河内・近江の国分寺跡を訪ねる。さー、どーしましょ。
DATE: CATEGORY:未分類
但馬国分寺跡を訪ね終えた。これで国分寺跡の場所が特定されていて未訪問なのは摂津、河内、近江、下野の4ヶ国のみ。いよいよマジック4!長かったなぁ~。対馬も壱岐も隠岐も佐渡も遠かったなぁ~。しみじみ。
DATE: CATEGORY:未分類
感動は劣化する。感動は持続しない。だから常に新たな感動を追い求めるのだ。
DATE: CATEGORY:未分類
よく、アイスクリームやソフトクリームみたいに溶けてなくなりたいというが、よく考えたら灼熱の太陽に焼かれ、どろどろに溶けた後に、蒸発して干からびるまで、灼熱地獄を味わうんだからそんなに楽なことではないと思う。
DATE: CATEGORY:未分類
夏こそ冬眠したい!この暑い夏をやり過ごすために秋まで生命活動を停止したい。
DATE: CATEGORY:未分類
一昨日、雲間の滝というのを遠望した。そこそこデカそうな滝だったが、あまりにも遠かったので写真すら撮らなかった。一見するとそこに至るのは到底無理だと思えたが、家に帰ってきてから検索したら、森本さんのサイトでしっかり紹介されていた。さすがチャンプ。
DATE: CATEGORY:未分類
ふぅ、何とか日付が変わる前に横須賀に帰ってこれたぜ。さすがに富山から横須賀は遠かった。さっさと寝るべ。おやすみー。

copyright © 2017 祇園精舎の鐘の声 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。