DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
いつも明日から頑張ろうと思っている。そして明日も「明日から頑張ろう」と思う。そして明後日も「明日から頑張ろう」と思う。その繰り返し…。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:未分類
日本の棚田百選を訪ねる時に一番困るのは場所がどこにあるのかわからないことです。これは…

棚田のことを取り扱っている本でも詳細な場所が載っていることはありません。

ネットで探しても「ズバリここ!」という情報を得ることはできません。

現地で案内があることもほとんどありません。認知度の低い棚田では地元の人に聞いてもわかりません。

そこで私は棚田のレポをアップする際に必ず地図を添付することにしています。

こんなサイト他にはないから便利でしょ!

http://www5f.biglobe.ne.jp/syake-assi/newpage764.html
DATE: CATEGORY:未分類
本当に好きな店は定休日や営業時間などを知っているが、それほどでもない店は知らないため、行ってみたら休みだったとか閉まってたという痛い目に遇うことがある。
DATE: CATEGORY:未分類
スクールウォーズの主題歌で『命より重い夢を抱きしめて走れよ!』という歌詞がある。

「んな、バカな!命より重い夢なんてあるもんか!」と思ったが、よく考えたら「この滝にチャレンジして死ぬんなら本望だ!」とか「今度こそヤバいんじゃないか?」とか「これ以上行ったら帰ってこれないんじゃないか?」とか、そういった諸々などから、いつも「いつか死ぬんじゃないか?」と思いつつも滝巡りをしている自分に気が付いた。

あー、あれか!いつもやってる「あれのこと」か…と妙に納得した。

って、俺ってバカなのか…。
DATE: CATEGORY:未分類
理解してもらうことは容易だが、共感してもらうことは難しい。
DATE: CATEGORY:未分類
人に聞くのではなく、自分の目で確めたい。本で見て知るのではなく、自分の目で見てみたい。
DATE: CATEGORY:未分類
やっぱり人生はいつどこで、どうなってしまうかわからないから、やらずに死んだら後悔しそうなことは、なりふり構わず後先のことなどは一切考えずにすべて先にやってしまおう。
DATE: CATEGORY:未分類
SNSを長く続けるコツは「反応がなくても気にしない」、「他の人の反応は気にしない」、「コミュニケーションはできるだけ取らない」の『3ない』が一番重要だと思う。他の人の反応に一喜一憂する人は最終的にはSNSに疲れるような気がする。
DATE: CATEGORY:未分類
不便なことを放置して非効率、不便なことを続けるよりも、多少お金が掛かっても問題解決をした方が結局は効率がいいと思う。っていっても『みみっちくて、しみったれ』だから「えい!」ってなかなかできないんだけど…。
DATE: CATEGORY:未分類
7月6日。1日だけ休み。何をするか思案中。国分寺跡散策?滝巡り?お墓巡り?棚田巡り?それともなければたまには温泉巡り?これといって決定打がない。どーすんべ。
DATE: CATEGORY:未分類
聖武天皇が全国(律令制度下における68ヶ国)に建立した国分寺は現在ただの一つも残っていません。

しかしながら、こういうことを言うと、おかしいのではないか?と思われる方も少なくないのではないでしょうか?なぜならば、現在でも国分寺という名前のお寺は全国各地に「事実」存在しているからです。

では改めて冒頭に述べた『聖武天皇が全国に建てさせた国分寺』のことをもう一度よく考えてみましょう。

聖武天皇が建てさせた国分寺というお寺は、いうまでもなく、時の天皇が『詔』を出して、国家事業として推進したものであり、例えていうなれば国立大学、国鉄のようなものです。

しかしながら、律令制が衰退すると共に国分寺もまた衰退し、平安時代末までには、全国のすべての国分寺が消滅してしまったと考えられています。

つまりこの時点で国家(国立)寺院だった国分寺というお寺はすべてなくなってしまったということができます。

確かに現在でも国分寺という名前のお寺は全国各地に存在していますが、これらは国の補助や援助がなくなった後で再興されたものであり、例えていうなれば私立大学であり、私鉄であるということができます。

つまり、そういった意味(国家(国立)寺院といった公的なもの)での国分寺はすべて消滅してしまい、現在存在している国分寺はすべて性格も性質も当時のものとは違う私的な寺院であるといえます。

このことは「国分寺建立の詔」の中で『国の華』とされ、全国に60基あまりあったはずの七重塔がたったの1基も現存していないという事実が端的に物語っているといえます。また、現在、全国に存在している国分寺は宗派もまちまちです。

尚、余談になりますが、国が国家事業として推進した国分寺がただの一つも残っていないのに比べ、その成立過程は曖昧模糊としてはっきりとしたことはよくわかっていませんが、国分寺と同じように全国(律令制度下における68ヶ国)各地にある一之宮が現在に至るまで、一社も欠けることなく、すべて現存しているということは国分寺のケースとは好対象であり、やはり我が国は仏教の国ではなく、八百万の神がいる「神の国」であると強く確信的に感じるものがあります。
DATE: CATEGORY:未分類
私は全国の『一之宮と国分寺跡』を訪ねることにより、日本という国の成り立ちが「かなりの部分まで」見えてくるのではないかと思っていました。

現在のところ日本全国の一之宮はすべて訪問・参拝済みで、国分寺跡は68ヶ国中、58ヶ国を訪問済みです。

そこでこれまでに感じたこと・わかったことをつらつらと書いてみたいと思います。
DATE: CATEGORY:未分類
昔は夢はみんなで見るものだと思っていた。ところが、いつの間にかに目標は一人で立て、夢は一人で追うようになっていた。どこで間違えたんだろう?今晩あたりで『よーく』考えよう。
DATE: CATEGORY:未分類
街が騒がしくざわついているな…と思ったら今日は金曜日だった。まぁ~明日も明後日も仕事の俺には関係のないことだが…。
DATE: CATEGORY:未分類
自分の好きなことを探求して、そしてその情報を世に発信して、そしてそれで食べていきたいなぁ~。
DATE: CATEGORY:未分類
何をするにも先立つものが必要だ。そしてその先立つものとは健全な心と健康な体だと思う今日この頃。
DATE: CATEGORY:未分類
今年もやります!滝のトークイベント第7弾の日程を調整中。誰かスペシャルゲストで出てくれる人いないかなぁ~。
DATE: CATEGORY:未分類
今日、最寄りの駅で小泉進次郎が横須賀市長選の支援する候補者の応援ビラを配っていた。進次郎が敵に回ってるとなると現職は厳しいだろうなぁ~。
DATE: CATEGORY:未分類
自分が知っているからといって、他の人も知ってるとは限らない。自分が好きだからといって、他の人も好きだとは限らない。それをわきまえないとオタクは嫌われる。
DATE: CATEGORY:未分類
昔、夢によく出てきた風景がある。日本のどこかにあるんだろうと思っているが、未だに巡り会えていない。
DATE: CATEGORY:未分類
百尋の滝(東京都)
澗満滝(長野県)
前川本谷大滝(長野県)
醤油樽の滝(長野県)
嶽谷滝(岐阜県)
東谷F1(岐阜県)
DATE: CATEGORY:未分類
先日、三条の滝壺へのアタックを断念。翌日の雲竜瀑は林道が完全に崩壊していたのを目にして戦意喪失して撤退…。この他にも今年は岩屋谷雌滝もアタックを断念。魔戸の滝も林道が崩壊しているのを見て戦意喪失して撤退。布引三段滝はそもそもアタックを回避した。もうそろそろ潮時なのかな…。
DATE: CATEGORY:未分類
今日、仕事であるレポートを作らなければなかなかったんだけど、まるで雲を掴むような話で一体どうやって作ればいいんだよ…って途方にくれていたんだけど。

実際に作り始めたらサクサクできて、あっという間に完成してしまった。

すっかり忘れていたけど、やはり温泉ライターというのは伊達じゃないな。
DATE: CATEGORY:未分類
ここ数年は健康診断ではなく、不健康診断となってしまっている。
DATE: CATEGORY:未分類
ふと気が付けば、テレビで活躍している人、プロスポーツ選手、趣味を通じて知り合う人、み~んなほとんど俺より年下。むぅ~、俺の同世代はみんなどこに行ったんだ?俺と違って偉くなったのかなぁ~
DATE: CATEGORY:未分類
甲斐国分寺跡を散策するつもりで、気合いを入れて朝5時にお出掛けしたが、寄り道をしまくったせいで結局たどり着けず…。隣県はまた来ればいいやと思うのか、どうもストイックにはなれず…。武田氏歴代の墓も全部訪ねてないし…。
DATE: CATEGORY:未分類
今、中学時代の友達に偶然会った。今度みんなが集まることがあったら声掛けてよ!だって。ちょっとだけ話したけど相変わらず熱くて、かる~く舌打ちしたくなるくらいカッコよかった…。久しぶりにみんなで飲むか…。
DATE: CATEGORY:未分類
昔から団体行動が苦手で群れるのも嫌いでした。若い頃だったら本当はみんなと仲良くしたいにもかかわらず『それがカッコいいと思っていたり、突っ張っていたり、素直になれなくて』という理由で一人でいることも考えられますが、この年になっても一人がいいということは本当に一人がいいのでしょう。そんなヤツです。
DATE: CATEGORY:未分類
男子も女子も若さを保つのは大変だと実感した。
DATE: CATEGORY:未分類
このところ、2~3日連続で雨だ。雨が降り終わったら水量2割、3割増しが当たり前の大フィーバー状態になるだろうから、滝巡りに行きたい。

copyright © 2017 祇園精舎の鐘の声 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。