DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
温泉巡り、滝巡り、仏塔巡り、一之宮巡り、棚田巡り、お城巡り、お墓巡りの中で一番お金と時間が掛かるのは実は断トツでお墓巡り。お墓巡りは働きながら出来ることはやり尽くしてしまった感がある。これ以上は無尽蔵にお金と時間を投入できる環境にならなければ無理っていうところまで来てしまった。でも現実的にそれは無理…。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:未分類
矢口離婚かぁ~。雲隠れしているところなんかみると、報道されていることが事実なんだろうな。
DATE: CATEGORY:未分類
もうこれ以上やるならザイルワークを身に付けるしかないか…。いや、何もそこまでしなくても…。他にもやることいっぱいあるだろ…。まだ世に情報が出ていないお墓探しとか…。等々色々と思案している。
DATE: CATEGORY:未分類
免許更新手続き完了。更新する度に残念な写真になっていくな…。
DATE: CATEGORY:未分類
行程が厳しい滝に挑む時は「少数精鋭」ではなくて『俺以外はみんな精鋭』という布陣が最も望ましい(笑)
DATE: CATEGORY:未分類
病気になった人と親から頼まれたこと、お願いされたことはあとで後悔しないようになるべき応えるようにしている。
DATE: CATEGORY:未分類
昔の友は今も友。何年会ってなくても『あの頃のあの時の気持ち』が甦るから不思議。まー、でも昔の思い出話をしてる分にはいいが、やはり現在では価値観や考え方は共有できない。もう俺は普通の人間じゃないんだ。普通の人とは価値観が決定的にズレてしまった…。まるで改造人間みたいだな。
DATE: CATEGORY:未分類
昔、会社の同期だったヤツと久し振りにこれから会う。もう何年振りだろうか?昔は俺も同僚と飲みに行っては不平不満を肴に酒を飲んでストレス発散をする普通のヤツだったのに…。今じゃ滅多なことでは人と絡まなくなったからな…。
DATE: CATEGORY:未分類
もう今年はガッツリ滝巡りをしないからいいや!と思った瞬間から食欲と体重の増加に歯止めがかからない。これはマジでヤバいぜ。百四丈滝は置いといて、岩屋谷滝を攻略してしまった今となってはもうどうしても行きたい滝ははっきり言って『ない!』が、このままじゃ、来年以降はもう滝巡りができない体になってしまう恐れがあるな。
DATE: CATEGORY:未分類
どうにかして今年中に未訪問の棚田百選をすべて訪ね終えることができないものかと毎日考えている。が、未訪問の棚田は西日本に集中しているのでかなり厳しい。
どーしたものか…。
DATE: CATEGORY:未分類
あー、やっぱりここまできたからには『百四丈滝』に行きたい。昨日滝チャンプに会った時に『絶対に連れてって下さいね!』って100回くらい念押ししとけばよかったな…。
DATE: CATEGORY:未分類
俺は日本一じゃないかも知れないが、「日本一即身仏の情報を」「日本一お墓の情報を」発信しているという自負はある。
DATE: CATEGORY:未分類
棚田は何の案内も出ていないことがほとんどである。

棚田を巡り始めた当初はそれがわからずに、ほとんど「どの棚田」でも『何の案内も出ていなかったので探すのに苦労した』との記録を残している。

が、今となっては何の案内もないのが半ば当たり前だと思うようになったので、どの棚田の訪問記録でも「何の案内もなく…」のくだりは記録しないようになった。

俺も成長したな…。
DATE: CATEGORY:未分類
今日久しぶりに滝チャンプのもりもとさんと滝姫プラリネさんと会った。いつまでも滝の話が尽きることはなかった。やっぱり趣味が同じ人同士っていいよね!
DATE: CATEGORY:未分類
声は色々とよく掛かるんだけど、実際に使ってもらうところまでには至らないんだよね。俺は真面目と正直だけが取り柄で何もキャラが立ってないからだろうな…(冷静な自己分析)
DATE: CATEGORY:未分類
滝の点数を付ける時はユルユルの大あまちゃんなので、棚田の点数を付ける時は渋々で超厳しくしている。仏塔(いわゆる五重塔・三重塔)はもちろん「いい塔」と「しょーもない塔」があるが、点数を付けるようなものじゃないと思うので点数は付けていない。
DATE: CATEGORY:未分類
今週は土曜日だけが1日お休み。そこでお出掛けするかどうか、お出掛けするなら何を(お墓巡りor国分寺跡巡りor滝巡り)するか迷っている。
DATE: CATEGORY:未分類
運命は受け入れるものだとすると、どんな理不尽なことも受け入れることになってしまう。今までもたくさんの理不尽を受け入れてきた。でもそんなのイヤだから、私は自分の手で人生を作れる人間になりたい。
DATE: CATEGORY:未分類
滝仲間のお嬢様の日記を拝見したら、七ツ釜滝まで3時間40分で着いたとか。。。そーいえば去年2時間で着いたという人もいたっけな。6時間20分掛かった俺って一体?う~ん、ダイエットせねば…。
DATE: CATEGORY:未分類
私が訪ねた百選の棚田は91ヶ所。この1週間で13ヶ所アップした。この調子でアップしていけば2ヶ月弱で全部アップすることができるな…。って、ことはそんなに容易に進むわけがない。まー、年内が目標だな…。っていうか、未訪問の棚田を訪ねるのが先か…。

http://www5f.biglobe.ne.jp/syake-assi/newpage764.html
DATE: CATEGORY:未分類
滝に行った時には「滝好き」として何としても滝壺に行こうとします。棚田に行った時には「棚田マニア」として何としても全景を一望できないものかとできる限りの努力をします。でも本当はお墓巡りが一番好きです。
DATE: CATEGORY:未分類
ここまで来たら日本の棚田百選をすべて訪ねたいという猛烈な感情が込み上げてきた。即身仏の時も、五重塔の時も、一之宮の時も、三重塔の時も、滝百選の時も最後の最後は理屈じゃなくて執念だったもんな。
DATE: CATEGORY:未分類
何と!日本の棚田百選の一つである稲渕の棚田がある奈良県飛鳥村の観光協会の方から「佐竹さんの写真は実に雄大に撮られていますね。稲渕の棚田の写真の撮り方をぜひご教示下さい」との連絡があった。。。

 

これを機に調子に乗って棚田写真家を名乗ろうかな?道なき道を行き、崖を無理やりよじ登るという滝好きのスキルが意外なところで役に立つものだ。

 

俺の棚田の写真は普通じゃないアングルばっかりだもんな。


DATE: CATEGORY:未分類
『ついに』お墓のことで出版社から問い合わせがきました!

私の本当の趣味はお墓巡りで、実際に一番深く掘り下げているものなので、テンションが一気に上がりました!

私が訪ねた歴史的人物のお墓で、Web上では検索できないお墓の数は100や200じゃ済まないので、これは滝や棚田にうつつを抜かしてる場合じゃないな。
DATE: CATEGORY:未分類
思うに落差130mとされる岩屋谷の雄滝の本当の落差は130m以上あるのではないだろうか?でもそうして公表してしまうと落差日本一の那智の滝(133mの直瀑)を上回ってしまうので、色々な大人の事情があって130mとしている気がする…。

http://www5f.biglobe.ne.jp/ ̄syake-assi/newpage1069.html
DATE: CATEGORY:未分類
オンリーワン神話を信じて、他に誰もやってないことばかりやっているが、一向に陽の目を浴びない。俺のやり方が悪いのか?オンリーワン神話がウソなのか…。まっ、本当のオンリーワンはそんなこと気にしないのかな?
DATE: CATEGORY:未分類
どんなに秘瀑中の秘瀑とか言われていても、車道から遠望できると興醒めする。山之口谷大滝しかり、小木森滝しかり。やはり百四丈か…。
DATE: CATEGORY:未分類
私は滝好きとしていつかは訪ねたいと最終目標にしていた滝が3つありました。1つは百四丈の滝、1つは三沢大滝、1つは岩屋谷の雄滝。三沢大滝と岩屋谷滝には何とか到達することができた。こうなったら何としても残りの1つ『百四丈の滝』に行きたい!
DATE: CATEGORY:未分類
日本の滝百選の最難関とされる双門の滝、それ以上に厳しかった岩屋谷滝を攻略した今でも、まだ行ったことのない滝に挑戦する時は、どんなに楽チンとされる滝でも『本当に自分に行くことができるかな?大丈夫かな?』と心配にならないことはない。きっと一生ヘタレ滝ヤのままなんだろうな…。
DATE: CATEGORY:未分類
電子書籍『日本の滝百選』のAndroid版の作成に着手しました。iPhone版と違って地図のURLの添付ができないので、変わりに私たちが百選以外の滝を1本ずつオマケで紹介する予定です。

copyright © 2017 祇園精舎の鐘の声 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。