DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
日本有数の名瀑にして、秘瀑中の秘瀑である岩屋谷滝から何とか無事に帰ってきました。

所要時間は往復約18時間。うち、4時間余りは真っ暗闇の中ベッドライトを付けて歩きました。

この滝へは一度800mを登った後で、尾根を進み、最後に200m下降して滝に行きます。

日帰りは無理なので滝壺で一泊しようと思い、寝袋や5リットルの水分などを持っていたのですが、そんな荷物を全部持って最後の下降をするのはどう考えても無理で、そんなのは単なる自殺行為だと思い、必要最小限の荷物だけを持って下降を開始しました。

それでも崖としか思えない急斜面を降りるのは想像を絶するほどの厳しさと恐怖で、一つ判断を誤れば滑落するのは必至な極限状態の中で、生きた心地がしませんでした。

仮に無事に降りられたにしても登り返すことができなければ遭難です。途中で滑落しても即死しなければ、やはり遭難です。死ぬ恐怖よりも滑落しても即死しなかった場合のことを考えると本当にそうなった場合は一体どうなってしまうのだろうと尋常じゃない恐怖を感じました。

少しでも無理だと思ったら、勇気を持って退散しようと思って下降を開始しましたが、半分くらい下降した時点でこれは登り返すのも無理なんじゃないか、やってしまったんじゃないかと薄々と感じるようになりました。

その内に斜面が大崩落していてどう考えてもこれ以上進めるとは思えない場所に遭遇しました。

が、もう登り返すのも無理かも知れないという状況の中、どうせ死ぬか遭難するのなら、せめて目的の滝の姿を一目だけでも見てから死のうと思い、意を決して進みました。

何とか目的の滝に到着。日本最高の滝の一つとされる落差130m(42階のビルくらいの大きさ)の滝を堪能したあとで、登り返しをしました。

両手両足・全身・全神経を使って約2時間を掛けて200mの斜面を何とか無事に登り返すことが出来ました。

のどはカラカラ、全身からは冷や汗が出て、意識も何度か飛びそうになり、また、恐怖で気が狂いそうになり、いっそここから落ちてしまえばこの恐怖から解放されるのか?とも考えたりもしました。

実は岩屋谷滝は雄滝と雌滝があるのですが、雄滝よりもさらに急傾斜の降下が厳しいとされる雌滝にチャレンジするのは諦めました。

何はともあれ限界ギリギリのところで、何とか無事に帰って来ることが出来ました。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:未分類
昨日、滝好きとしていつかは訪ねたいと最終目標にしていた滝の一つである岩屋谷滝(雄滝)に行くことができた。道中は想像を絶するほどツラかった。雌滝は諦めざるを得なかった…。
DATE: CATEGORY:未分類
最近滝巡りをすると当たり前のように沢登り、徒渉、前衛滝の巻きをするようになってしまった…。
DATE: CATEGORY:未分類





安宅一族の墓(宝勝寺)
DATE: CATEGORY:未分類
滝巡りをしていて、地図に出てない沢が出てくるとビビる、悩む、とっても困る。
DATE: CATEGORY:未分類
何だかんだ言っても風呂上がりの扇風機は気持ちいー。
DATE: CATEGORY:未分類

日本有数の名瀑とされる小木森滝、超遠望。私の実力ではまだまだ挑戦するのは無理だが、いつの日かあの滝壺に行きたいものだ。
DATE: CATEGORY:未分類
いざ、矢原大滝へ!
DATE: CATEGORY:未分類
まだ休み前だからサクサク進むなぁ~。このまま一気に九州に行って棚田巡りをしたいという気持ちが8%くらいある。
DATE: CATEGORY:未分類
思い込んだら、滝壺への道を行くが男のど根性♪
DATE: CATEGORY:未分類
明日から休めることになった!

一発気合い入れて矢原大滝目指そうかなぁ~!
DATE: CATEGORY:未分類
はぁ~、危険、キツイ、ツラい、厳しい、危ない、もう懲り懲りということは身に染みていても、やっぱりまた滝に逢いに行きたくなる。そしてまた大自然の中に身を投じることになるのだろう…。これって悪循環?なのか?
DATE: CATEGORY:未分類
最近、上北山村(日本有数の過疎の村だが、日本一の滝の聖地!)の週間天気予報を毎日チェックしている。
DATE: CATEGORY:未分類
マイベストの滝。過去に訪ねた滝で本当に素晴らしく感動して5点満点を付けた滝の中からピックアップ!※は百選の滝。

『1』安の滝※
『2』華厳の滝※
『3』三沢大滝
『4』滑川大滝※
『5』常布の滝※
『6』白糸の滝※
『7』羽衣の滝※
『8』中の滝※&西の滝
『9』米子大瀑布※
『10』千丈滝
『11』三条の滝※
『12』北精進ヶ滝※
『13』矢研の滝※
『14』祇園滝
『15』元滝
『16』天滝※
『17』大川の滝※
『18』袋田の滝※
『19』銀河・流星の滝※
『20』鍋ヶ滝
『21』壇鏡の滝※
『22』五老ヶ滝
『23』西滝(程野の滝)
『24』嫗仙の滝
『25』弥勒の滝
『26』ふくべ大滝
『27』千尋滝(上北山村)
『28』かくれ滝
『29』白滝(都農町)
『30』布水の滝
『31』布引の滝(日光)
『32』惣滝※
『33』不動滝(湯沢市)
『34』千尋の滝(大杉谷)
『35』神庭の滝※
『36』くろくまの滝※
『37』龍門滝※
『38』丸神の滝※
『39』インクラの滝※
『40』苗名滝※
『41』福貴野の滝
『42』雲上の滝

5点満点を付けた滝でもここに登場しない滝もかなりある。まー、大人の事情だな。多分。
DATE: CATEGORY:未分類
ホームページで滝の点数を5点満点で付けているが、実際には同じ5点でも上中下がある。4点も3点も同じ。いっそのこと十段階評価にすればこの辺は解決できるが、今さら800本もの滝の点数のつけ直しなんて出来やしないしな…。
DATE: CATEGORY:未分類
電子書籍「日本の滝百選」の売上と印税の報告が届きました!

生まれてはじめての印税!~感無量~

http://griffonstore.net/?p=553
DATE: CATEGORY:未分類

黒胡麻炒飯
DATE: CATEGORY:未分類
ふと、中央(オレの地元)には中華料理屋がたくさんあることに気付いた。地元のことほど実はよく知らないものだ。とーだいもと暗し…
DATE: CATEGORY:未分類
百選以外の滝の中から百選クラス、または百選を超越している滝好き必見の滝をピックアップ。私の独断と偏見ですが…。


「難易度」

☆→楽チン。誰でもあっさりたどり着けるお手軽滝。難易度も傾斜もないという感じ。

☆☆→滝に至るまでの道は整備されているが少し歩く必要あり。(20分以内)

☆☆☆→滝に至るまでの道は整備されているが「かなり」または「相当」歩く必要あり。

☆☆☆☆→ルート不明瞭またはちゃんとした道なし。難易度高し。

☆☆☆☆☆→最高難度。しっかりとした準備・装備に加え、経験者・熟練者との同行が望ましい。

※徒渉または沢登りをする必要あり

弥勒の滝☆☆
桃洞の滝☆☆☆※
雲上の滝☆☆☆☆※
元滝☆☆
不動滝☆
川原毛大湯滝☆☆☆
玉簾の滝☆
白糸の滝(花山村)現在到達不可能、原形を留めているかも不明
渋沢大滝☆☆☆※
三沢大滝☆☆☆☆☆※
布引の滝☆☆☆☆☆※
湯滝☆
白雲滝☆☆☆☆
嫗仙の滝☆☆☆
黒戸噴水滝☆☆☆☆☆※
篠沢大滝☆☆☆☆☆※
大尾不動滝☆☆
雷滝☆
九段の滝☆☆☆☆※
白糸の滝(軽井沢)☆☆
桶滝☆☆
ふくべ大滝☆
神洞の滝☆☆
宇嶺の滝☆☆
福養の滝☆☆
千尋滝(大杉谷)☆☆☆
あかがねとよ☆☆
からたに滝☆☆
楊梅の滝☆☆☆☆
蜻蛉の滝☆☆
西滝(上北山村)☆☆☆☆☆
かくれ滝☆
千尋滝(上北山村)☆☆☆☆
ツキ谷の滝☆☆☆☆
ナル谷大滝☆
鼻白の滝☆☆
宝龍滝☆☆
野々滝☆☆☆☆※
黒滝☆
千丈滝☆☆☆☆☆
鱒返しの滝☆☆
深浦滝☆
大轟の滝☆
新居田の滝☆
灌頂ヶ滝☆
小金滝☆☆☆☆
程野の滝(東滝)☆☆☆☆※
程野の滝(西滝)☆☆☆※
乙原の滝☆☆
福貴野の滝☆☆
鍋ヶ滝☆☆
古閑の滝☆☆
五老ヶ滝☆☆
おせりの滝☆☆
祇園滝☆☆☆
白滝☆☆☆※
布水の滝☆☆☆☆※
山之口谷大滝☆☆☆☆☆
神川大滝☆
千尋滝☆
ピナイサーラの滝☆☆☆☆※

次点または他の人の評価が高いもの、一度は見といた方がいいもの

赤岩滝☆☆☆☆※
白水の滝☆☆
仏御前の滝☆☆
千丈滝☆☆☆
筥滝☆☆☆
観音滝☆
白猪の滝☆☆☆
銚子滝☆☆☆☆※
樽の滝☆☆
竜ヶ岩の滝☆☆☆
白水滝☆☆☆
千里ヶ滝☆☆☆
曽木の滝☆

スゴく真剣に考えてもまだ61本。まだまだ甘い。
DATE: CATEGORY:未分類
最近、物忘れが激しい。ちょっと前に考えてたことややろうと思っていたことも時間を置くともう忘れてしまっている。シャレにならん。
DATE: CATEGORY:未分類
これから飲みに行くのか?何やら浮かれている集団が多い。いわゆる金曜日独特の雰囲気。が、土日に仕事が入ることが多い私は、週末を迎えると憂うつであることがほとんどである。何だかなぁ~。
DATE: CATEGORY:未分類
紀伊半島にはこれでもかというくらいにきら星のごとく名瀑がある。もう何回も通っているが、まだいいとこ4分の1くらいしか訪問できていない。いっそのこと、1ヶ月くらい滞在して徹底的に滝巡りをしたいところだが…。
DATE: CATEGORY:未分類
滝に行くための靴が用途別に応じて、いつの間にかに4種類にもなってしまった。
DATE: CATEGORY:未分類
3日連続でジモティの友達計4人に偶然に会った。久しぶりにジモティの連中と飲みたいかも?
DATE: CATEGORY:未分類
紀伊半島は日本でも有数の名瀑がきら星のごとくある。採算(私の実力・難易度の高さ)や費用対効果(滝に行くまでに要する時間)を度外視すれば、滝好きの端くれ、滝好きの末席に身を置くものとしていつかは行ってみたいところばかりだ。まさに紀伊半島を制すものは滝を制すだな。
DATE: CATEGORY:未分類
GWに狙っている滝。岩屋谷雄滝・雌滝、迷滝、琵琶の滝、屏風滝、清五郎滝、小木森滝、八町滝、ナル谷大滝、ツキ谷の滝、かくれ滝、千尋滝、風折滝、高滝…。無理だ。すべてこなせれば滝好きとして限りなく完成形に近付くことができると思うが、無事に生きて帰ってこれるとは到底思えない…。
DATE: CATEGORY:未分類
ガリガリ君のコーンポタージュ味を食べた。何気に旨かった。
DATE: CATEGORY:未分類
ガリガリ君のコーンポタージュ味を食べた。何気に旨かった。
DATE: CATEGORY:未分類
誰かパンクしないタイヤ作ってくんないかなぁ~。そうじゃないと安心して滝を見に行けないじゃないか!
DATE: CATEGORY:未分類
厳選!裏滝百選リスト(百選以外のいい滝の中から百選クラス、百選を超越している滝を選抜)を作ろうかなぁ~。

copyright © 2017 祇園精舎の鐘の声 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。